Gallery実例集

古民家の趣と木の風合い どこか懐かしい空間 Kさん宅

 結婚後ご主人の実家に同居しながら「いつかは家が欲しいね」と話していたKさんご夫妻。その「いつか」を具体的に考えたのは、奥様の友人がシノザキ建築事務所で家を建てた時でした。
 「友人から篠崎さんの人柄や建てた家の雰囲気を聞いていて、無垢材や塗り壁など自然素材を使った環境にも配慮した家づくりや、その親身な姿勢に惹かれたんです」と語る奥様。他に候補の工務店がいたものの、「自分たちが本当にいいと思える家を建てるためにはぜひ篠崎さんにお任せしたい」と、家づくりがスタートしました。
 ご主人の実家近くに土地も見つかり、具体的なわが家のイメージを絵に描いたり、インターネットで調べたりして思いを伝えてくださったご夫妻。初めての家づくりで何もわからず、つい遠慮してしまうご夫妻に、「せっかく建てるのだから好きなようにしましょう」と提案。ご夫妻が憧れていた古民家というイメージが実現し、最初は予算的に無理かと思われた薪ストーブも導入することができました。
 「家のことをひとつひとつ考えるのがとても楽しかったです。自分たちが好きな空間に好きな物ばかりを置いて、まるで大きな宝箱みたいな家になりました。友人たちがよく遊びに来てくれて、人が集う家になりましたね。私たちも以前は出かけることが多かったんですが、今は家で過ごすのがとても楽しいんです」と暮らしの変化も実感しています。冬は薪ストーブの前で炎を眺めながら過ごすのが一番のくつろぎだとか。住めば住むほど使い勝手もよく、味のある家になっていくのが感じられるそう。細部に至るまでご夫妻の想いがひとつに集結した家です。

リビングのソファから吹き抜けを見上げると、開放的な空間に軽やかな階段や手すり、梁など、すべてが見渡せる。ご主人お気に入りの特等席

食器棚には扉をつけず、キッチンもオープンに。使いやすく片付けやすいので大助かり

大きな三角屋根に煙突が目印のKさん宅。伝統的な「家」のかたちを守りつつ、すっきりとモダンなシルエットにデザイン

玄関ホールにはレンガ敷きの薪置き場も設置。夏場は見せる収納として活用するなど多目的に使える

2階踊り場からダイニング・キッチンを見下ろせば、家事をする奥様やリビングでくつろぐご主人の姿が目に入る

床は1階も2階も独特の風合いが特徴の無垢材「ソノケリン」。コントラストのはっきりした木目が美しい

吹き抜けを囲むコの字の2階踊り場からは、窓越しに河川敷の土手を望む

縁側をイメージした2階のキャットウォーク。格子窓と木の手すりが昔懐かしい日本家屋を思わせる

2つの寝室の間から梯子を登ると、隠れ家のようなロフトに。遊び心いっぱいの空間

夜になれば白熱灯の温かみのある明かりが室内を照らし、昼間とはまったく異なる空間へと様変わり

1階と2階の空間をつなぐのは透かし階段。照明は配線を現しにした碍子(がいし)を使って古き良き時代のニュアンスを伝える

薪ストーブを中心に設計したLDK。木で造作した食器棚やキッチンも古色仕上げで古民家風に。梁の存在感も吹き抜け空間を引き締める

リビングスペースはあえて吹き抜けにせず、低めの天井で落ち着いた空間に。リビング右奥の扉の向こうはご主人の楽器スペース

食品庫にも明かり採りの窓を設置。今は貴重な模様入りのすりガラスをはめ込んだ格子窓からもれる明かりで、天井や壁の陰影が引き立つ

屋根の勾配を生かした寝室は、ヨーロッパの古い邸宅の屋根裏部屋を思わせる雰囲気。隣の寝室とは共有のウォークインクローゼットでつながっている