Owner’s Blogオーナーズブログ

レジデンス501オーナー

木工事開始

ついにやってきました! 木工事!!! やっと、丸鋸とインパクトの出番! ソーホースブラケットで作業台を造り,準備万端 !(^^)!

木材も届きました。もちろんシノザキ建築仕様のウッドロングエコ塗装の道南杉!!

これで末長いウッドテラス生活が、ほぼメンテナンスなしで約束されます(^-^)

切断開始! まずは、束柱から束柱の長さは束石天面から水糸までの長さを一つ一つ測定し、その長さをそれぞれ切断していきました。

誤差は最大1cm前後だったので、なかなかの精度で束石を埋める事が出来たと思います。(ほんとは5mm以内を狙っていたからちょっと悔しい!)

束柱の切断後に子供たちに勉強がてら束石と束柱を同じ番号が揃うように並べてもらいました!!!

90mmの木材を切断するのはホントにむずかしい (^_^;) 回し切りするので断面がガタガタにならないように、なんとか頑張りました。(実はyoutubeですごい勉強したりしてました)

では、次回に続きます。

追記:何だか本当に難しそう。お子さま方にとっても良い経験でしたね。

 

基礎工事終了

暑い暑い夏の日💦顔を真っ赤にしながら基礎をひたすら掘っていると篠崎さんが御夫婦で激励に来て下さいました(*^_^*) 工程のチェックもして頂き、見事 合格頂きました!!

基礎工事も慣れてくると、1個20分で掘れる程、手慣れて来ました!!!  土日しか作業出来ないので数週間後、ついにひとつ増えて36個掘ったどぉぉぉぉぉ!!!

いやぁ、自分で言うのもなんですが・・・よくやったゎ(^_^;)

そして、次は防草シートを敷き詰めて

砂利が逃げないように淵にレンガを置く溝を掘って~

レンガの水平をとって砂利をひたすらに土嚢袋に入れて運び、敷き詰めて基礎工事完了!!!

子供達も何を造っているか 少しずつわかってきたみたい(^-^)

そして、ここで棟梁も気付く…このウッドテラス でかくね!?  次はいよいよ、ウッドテラス造りの醍醐味!木工事に突入です!!!

 

追記:棟梁、職人さん、二人ともお疲れさまでした。夏にお邪魔した際、ファッションもすっかり現場の人になりきっていたのが印象的でした(笑)  それにしてもこの大きさだから、大変さも5倍くらいだったかもね。

 

基礎工事着工!

新年おめでとうございます。このブログでは昨年ウッドデッキを自分たちでつくった記録をご紹介しています。よろしかったらご参考になさって下さい。

 

さて!36個、基礎ほりますよー!(棟梁・夫)

36個っっっ!!36個???作業員(妻)驚愕(@_@;)

そんな作業は音楽を聴いてじゃなきゃ作業出来ませんっ!!!と思ったら、さすが棟梁!Amazonで買っていました(^_^;) はいっ!スピーカー登場♪♪♪

工程

縦横40㎝×40㎝、深さ60㎝の穴を掘って底面を突き固め、砕石入れて突き固め、コンクリート平板30㎝×30㎝を置きます。平板上で水平を取れば、束石も水平になります。

ちなみに、平板は一つ13㎏ (+_+) 片手で持って穴の底へ!束石は一つ32㎏ ((+_+)) 羽子板部分を持って慎重に穴へ!!良いトレーニングです。基礎屋さん、本当に尊敬しました!!!

石たちはホームセンターで購入。愛車のランクルに載せて運びましたっ! 載せるのも一苦労^^; 4回ほどで全部運べましたよ!

前後しますが、記念すべき第1個目はこんな感じで掘ってみました! 全ての基礎の基本になるので、慎重に場所を決め、深さをT字型のお手製定規で測定し、下げ振りを使って、束石の芯を取って。。。

無事完了!

ここから残り35個(・_・;)    果てしない…

追記:お正月休み中にブログ原稿を作成して下さったようで、有難うございます。写真からも きっちりした職人仕事を感じさせるものがあります。棟梁と作業員(失礼💦)の連携もよさそう(笑)

測量&地縄張り&遣り方

メジャーとレーザーで測量作業開始!これがまた慣れないもので大変でした(^_^;) 杭を打ち、妻セレクトのピンクの糸で地縄張りをしてみたら・・・対角線で測量すると誤差が・・・

何度か測量し直して棟梁(夫)のオッケーが出ました☆彡

続いて、遣り方設置作業に取り掛かりました!ここでSさんからお借りしたハンマー登場! 夫婦共 映画好きなもので、二人の間では(映画AVENGERSより)ソーのハンマーならぬ「Sのハンマー」と呼んで遊んでいました(^_^;) Sのハンマーのお陰で、あっという間に杭打ち完了!遣り方完成!!

遣り方完成写真を撮り忘れた為、画像無しですみません(^_^;) 次回ブログから基礎工事開始です!

追記:良い武器…じゃない 道具が手に入り良かったですね。

「ウッドテラスを造ってみようの会」発足

ウッドテラスを造る決意をしてから、まずは勉強をしようと本を読み始めました。造りたいイメージを形にする為には設計図を描かなければなりません。

久々に、篠崎さんが描いて下さった我が家の設計図を見ながら家の基礎などを確認しつつ、独学の知識で設計図を描いてみました。

描いてはみたものの、素人の設計で出来るのか…?(;一_一)

これは…篠崎さんに相談しよう!!となったのです(*^_^*)

 

ご多忙ながら快くお時間を調整して下さり4年ぶり?に事務所へお邪魔させて頂きました。相談しながら、自分達で造ってみたいという気持ちが強かったので篠崎さんにアドバイザーになって頂き『ウッドテラスを造ってみようの会』が発足されました!

因みに、道具も必要という事で…前回ブログで登場した息子の園パパ(Sさん)がレーザー測量機、丸のこ、ハンマー等を快くレンタルして下さったり、篠崎さんからもお借りして道具を揃える事には殆ど出費しなかったのです(*^^)v

 

追記:お庭が広いなと思っていましたが、テラスも10帖オーバー・・・👀 ブログのバナー写真で、完成したテラスにレジデンス501さんが寝転がっていますよね。身長が高くスラっとした方なのに、まだまだスペースに余裕がある。この規模はなかなか大変だぁ~💦