Owner’s Blogオーナーズブログ

薪棚

2019.09.26 -

我が家の薪収納スペースは室内1ヶ所と屋外3ヶ所。ストーブの右側奥にある棚が屋内の薪棚です。

ホームセンターで購入したL型アングルと木材で自作した棚。大体1.3㎥くらい置けるので、外から薪を持ってきてからもここでしばらく乾燥できます!(ストーブ近く)

写真奥の玄関からストーブまで土間で繋がっています。動線的にも非常に使い勝手がいいことを住んでみて実感(*´∀`)

ここはカーポートの一部。外の薪棚のうち1台は、大工さんに造作してもらいました。

下段だけ隣の塀が近く奥行きがないので30㎝くらいの薪を入れています。ここで多分1㎥くらい置けるかな⁉︎

もちろんこれだけでは足りないので、残りの2台は自作しました。

家の周りにはそれほどスペースがありませんが、灯油タンクの両側のスペースを使って薪棚を追加(^-^)v この薪棚は、各1㎥ちょっとくらいは置けます。

現状では屋内と屋外合わせて4.5㎥くらいはストックできます。欲を言えば、家の周りにあと3㎥くらいは起きたいな〜

他にも木工作業で借りている場所の外で、薪割りと保管もさせてもらっています。冬期間でもそこから薪を持ってきて補充すればいいかな〜くらいの気持ちで冬シーズンを迎えるつもりです!(大丈夫か?)

涼しくなってきたから、そろそろ薪運んでこようかな〜

↑写真は昨年のもの。今は空っぽです

 

追記:ひと冬分の薪を保管…なかなか場所をとりそうです。足りなくなったら大変ですし(^^; ブルブル  薪の会のメンバーさまへのヒアリングでは、薪の消費量は年間4~6㎥位との事。最初の冬は楽しくて燃やしすぎるらしいから、焚き方にもよりますね。薪の会の皆さまの間でも、このところ冬支度を始める動きがみられるようになってきました。

今週末は流木拾いですよ!!

 

テッパン料理

2019.09.24 -

我が家の食卓テーブルは鉄板付。お好み焼きや もんじゃ焼きと並んで、回数が多いのが餃子です!

餃子はみんな大好きなのでテンション高め♪( ´θ`)ノ

 

ホームベーカリーで生地を作って延ばし、皮にします。妻が餡を作って、私が皮を延ばす分業でやってきましたが、最近は子供達も積極的に皮作りをやってくれます(^o^) しかも結構上手!だんだん楽になってきますね〜

餃子を包むのは結構好きな作業なので、綺麗にヒダを作れると密かにテンションが上がっています(*´∀`)♪ムフフ 手作りの皮はよく伸びるのでスゴく包みやすい!

鉄板自体は大きいので沢山の餃子を焼けるのですが、蓋はホットプレートの蓋なので、あまり入りません(´-`)一度に焼ける量は12〜16個くらいです。

焦げ目が付いたら水を入れて蓋をして待ちます。

蓋を取ると、、、、完成!!

手作りの皮はモチモチですごく美味しいですよ〜

追記:呼んで下さい~ (@ ̄ρ ̄@)

 

ボルダリングと木工

2019.09.21 -

ボルダリングジムに通っているうちに、そこの店長さんと仲良くなり、椅子の作品展のパンフレットを置かせてもらったり、休憩中に木工の話をしたり・・・

ある日、広葉樹の端材でボルダリングのホールドに使えそうな物はないかと聞かれ、椅子を作った時に出た端材を試しに提供する事に!

例えば上の写真。私の食卓用椅子で、背中のカーブを切り出した時の端材です。端材と言っても材料は贅沢です!

この形のままがイイ!との事で、側面 ノコ刃のガタガタ面をキレイにして、ヤスリを何度かかけて納品しました。

どう使うかというと・・・クライミングの壁ではなく、店長自作のトレーニング台↑ に設置するそう。色々な突起につかまって、懸垂をする感じです w( ̄△ ̄;)w

↑ 表側。2つ ついている小さな茶色のパーツも端材。

なんと厚さ8㎜の木材にぶら下がって懸垂するのです! 私はぶら下がる事ですら無理でした (。-_-。) なのに まだ物足りない人もいるようで、厚さ6mmも欲しいみたいです、、、。信じられな〜い(°▽°)

↑この台の裏側には、例の椅子の端材を設置してくれました~

こちらは初心者から上級者にまで好評だったようで、あと1セット頼まれました。時間のある時に少しずつ作業していきます。

 

 

 

 

次の椅子

2019.09.01 -

5月に椅子の作品展が終わって、次に作る椅子に取り掛かっています。

使う場所は2階にあるロフト。本や漫画をゆったりと読めるように、座椅子のような低い構造で、背もたれが大きくて高めのロッキングチェア(ロッキング座椅子?)にしたいなぁというイメージで図面を書きはじめました。

今までやったことがないペーパーコード(紙の紐)を編んでみたかったので、背もたれと座面は編める構造にできるよう図面に反映します。ペーパーコードが4mm幅なので 隙間ができないよう、4mmの倍数で計算して椅子の幅を決めます!

 

後はとにかく作ってみないと分からない部分があるので、ツーバイ材で試作品作りスタート\(^o^)/

 

写真の奥が実寸大の図面で手前が試作品の一部です!

さらにパーツを追加して構造ができたら、背もたれのカーブやフィット感がどうなのか確かめるために、布のテープみたいなものを貼ることになりました。

このテープは25mm幅で、ペーパーコードより早く貼れるから とりあえず貼ってみることに、、、。布のテープとは言っても丈夫そうなので 聞いてみると、リュックサックに使われるようなPPバンドというものらしい。かなり丈夫な素材です。

 

4mmの紐を編むより25mmのテープを貼っていく方が早いとは言われても、このテープを貼るのですら中々の作業でした(´Д`)

引っ張る手の力もいるし、立ちっぱなしで2時間くらいかかったかなぁ。家具屋さんって大変な仕事ですね〜。。

テープを貼ってみると、背中に当たる部分の立体的な曲面が心地いい形にできました。ただ全体的に大き過ぎるかなと思うので、幅を若干狭めて、座面を少し小さくしてみます。

下の座面部分のサイズ変更したパーツをもう一つ作り、具合を確かめて納得いく形になってから、本番の材料で完成品を作ります。

完成までは、まだまだ、、、(。-_-。)

 

追記:試作が立派すぎて気が遠くなりそうです。ペーパーコードの完成品を想像しましたが、絶対素敵だと思います。しかし貼るのは手が痛そう・・・ボルダリングといい、手を大切になさって下さいね。(正)