うちの娘二人、いつも勉強は居間でしているので、これまでは「学習机は別にいらない」というスタンスでした。

それが、・・・。友達の家に学習机が導入されたのを見てから、急に自分の机が欲しくなったようです( ̄▽ ̄)   この先、子どもたちに何か作ってと言われることも、そうそうないはずです。 思い切って、一気に作ることにしました! 自分で作るのは大変ですが、安いし、やっぱり無垢材が好きなので、頑張るんだったら今の内!!ってことで。

子どもたちに木の種類は何がいいか、イメージを聞いたところ、上の子はカエデ、下の子はサクラに決定! 早速、材木屋さんへ~♪( ´▽`)

サクラの木はありましたが、カエデの木はしばらく無いみたいで、・・・。 カエデと割と近い白みがかった色合いの、カバの木の白い部分を選んで使うことにしました。

↑ 材料の一部。 もっと長いのもありましたが、重たいので先に切っちゃいました (^_^;)

 

まずは、机の天板から!

自分の作業場の機械では少し心配なので、木工の先生のところで作業することにしました。

天板をはぎ合せるのは、先生の他におじさん3人がかりで頑張りました! やっぱり人手が多いと助かります。 ただ締めるだけでなく、ねじれが出たらその場の判断で、締める箇所や力加減を調整しながら圧着するのはことのほか難しいー!! 一人でやらなくてホントよかった~(о´∀`о)

「あとは天板と机の本体をビスで留めればOK!」という、軽い気持ちでいましたが、「無垢材で接いだ天板は結構木の収縮で動くから、それに対応した作りにしなければいけない」と、先生からのアドバイス。 で、要所要所の細かな作りは、設計のし直しでーす( ̄▽ ̄)

机の脚や貫、他の部材もある程度製材して、その日は作業終了!    製材するのは意外と疲れるんですよね~

今年は、「やると思ったことはドンドン早くやってみる」を目標にしているので、7月中には2台の机を完成させます!!

・・・、やっぱり完成させられるといいなぁ~くらいにしときます(゚∀゚)

追記:つくりびとさんの机づくりは、まだまだ続きます。 ちなみに、お姉ちゃんが選んだカエデは、色白で肌理の細かい木肌は絹のようとたとえられる綺麗で堅い木材です。 妹さんのサクラは、ほんのり淡いピンクの色合いが品よく、香りも豊かな強い樹種です。 それにしても、オーダーメイドの学習机なんて、ずるいよ~<`ヘ´>