Owner’s Blogオーナーズブログ

久しぶりのスケート

 

私の出身が屋外スケート場のあるところなので、通っていた小学校では、年に数回スケート授業がありました。

小学生の頃の私は超運動音痴だったので、スケート授業が苦痛でした、、、。(というか体育全般苦手でした)

しかし今は楽しく滑れます!

・・・というわけで、およそ30年ぶり?くらいに屋外スケート場に行ってきました! (年齢がバレそうですが、、、。) うちは家族で別の屋内スケートリンクに何度か行っているので子供達は問題なく楽しめています。

行った日は1月中旬で、歴史的な雪不足の最中でしたが気温はとっても低く、天気は快晴でスケート日和!  しかし、滑ってみると屋内のリンクと違って1周がとても長い、、、。

レンタルできるスケート靴も色々種類があるのですが、履いたことがあるのはフィギュアスケート用の靴だけでした。 フィギュアスケートの靴はだいぶ慣れてきたので、妻のススメで、スピードスケートよりもう少し滑りやすい「ハーフ」という靴に挑戦してみました!

↑ 履いてみるとメチャクチャ辛い(;´д`)   刃が薄くなって靴の高さもくるぶしより低くなっただけで、恐ろしく不安定になりました。 歩くだけで足首ガクガク(゚ω゚)

改めてアスリートの方々を尊敬します!

妻は子供の頃からスケートをする環境で育ってきたので、すごく久しぶりのスピードスケート用の靴でもスイスイ滑っていました、、、。

超カッコイイなぁ〜(⌒▽⌒)

本人曰く「普通の格好で本気滑りをすると恥ずかしいので、軽く流して滑っている」そうです。

言うことまでカッコイイ(о´∀`о)

シノザキから:わ~気持ちよさそう♡ 1月中旬の記事、今頃になってスミマセン^^; 氷、融けちゃいましたよね。 私も子供の頃、校庭に造られたスケートリンクで滑りました。その当時はスピードスケート靴でしたが、今は絶対無理無理。 つくりびと妻、カッコイイわ~

世の中大変ですが、気をつけて過ごしましょうね。

 

デッキ材張り付け

ついに最終工程。デッキ材の張り付けです。

デッキ材は2×6の3600mmを使用する事にしたので、当然 このデカイ ウッドテラス一枚では届きません (・_・;)  なのでデッキ材を、長さの違う木材を互い違いに組み合わせることに。

土台は正確なので、今回も図面通り それぞれの長さを切り出していきます。端が一直線になるように揃えて、デッキ材とデッキ材の接合部はあえて5mmほど空けて風通しを良く。

 

75mmのビスでひたすらインパクト!インパクト!! で止めていきます。ビスにずれが無いように気をつけて

そしてついに!!!!

完成!!! まさか年内に出来るとは・・・来年、何をするか夢が広がります!

 

実は黄色○の部分はパレットになっていて、物を収納できるようになっています。 このあと赤○の部分にスロープも造りました!!

2020年、雪がとける頃にはフェンスを造りたいと思います!

 

私の身長が180cmなのですが、この大きさ!!

やっぱりやりすぎたかな・・・? でかすぎたな・・・?

でも 大満足!! 楽しいひと時でした (*^_^*) 篠崎さんにはいろいろ教えて頂きました! 本当に本当にありがとうございました!! 今後も宜しくお願いします!

 

追記 )お疲れさまでした! 昨年の話で記事の更新はズレズレですが、フェンスづくりは雪融けから始まるのですね。ではまた状況をお知らせ下さい。

ちなみに確かにデッカ~イですが、みんなでゴロゴロできて丁度よいとも言えそうです。何でも余裕があるのはいい事です!

 

ステップ作製

設計の段階から頭を悩ましたステップ、ついに取り掛かる時が来ました。

2段のタラップにするか迷いましたが、デッキ上に凹凸がないステップにしました!!

ラスボス ステップ!!!

まずは枠組み。90mm角材を斜めにカット!! ステップの枠組みが水平になるように気をつけて

ステップ土台完成!!! 斜めにカットするのは難しかった~ ((+_+))

そして、デッキ材を張り付け。束柱との兼ね合いが難しく、どこをどれだけ切るか 頭がパンク (@_@;)

パソコンの設計図と現場を行ったり来たり

・・・で、なんとか完成!!! ステップの上面の高さはウッドテラスの上面から200mm下になるように設定。ステップから地面まではちょっと高いので対策を考えなくては・・・

うまくいって良かった~ (^_^) 予想以上にうまくいって、しばらくいろんな角度から眺めていました (*^_^*)

 

追記:お久しぶりです。

性格が仕事にあらわれるのでしょう。キレイな仕事ですね・・・感心します。

 

椅子完成!! その②

2020.02.25 -

前回までで、全てのパーツに関して左右のバランスを見、細かな削りや仕上げを少しずつ進めてきました。 いよいよ全体の組み上げです!!

いつもながらパーツを組み上げるところが一番緊張感あります (-᷅_-᷄๑) 多分、数ヶ月かけてデザイン・パーツを作り上げてきたから、絶対に失敗できない!という気持ちからくる緊張でしょう。

接着剤を入れてから意外と早く硬くなってしまうので、組み上げはスピード勝負ですo(`ω´ )o

↓ 接着剤を塗ってから、焦っているとつける箇所を間違えたりするので、必ず記号や数字で接着する箇所に目印を付けておきます。

数時間接着してから、オイル塗装をします!いつもは一番最後にオイル塗装をしますが、今回は布バンドがオイルを吸ってしまうので、オイルが乾いてから最後にバンドを貼る手順です。

業務用のタッカー(ホッチキスの強力版)でバンドを止めていきます。今回は横テープから始めました。

次に縦のバンドを交互にくぐらせながら編み込んでいきます! 最後の方になると、キッツキツで編むのが大変(;´д`) テープが25mm幅でぴったりに収まるはずが最後の1本を入れるのがすごく大変でした!

 

その後、同じ要領で座面も編んでいって完成です。厳密にいうと、テープがほつれないよう一本ごとに端はバーナーで炙って処理したり、ホッチキスの跡を隠す処理をしたりとありましたが、、、。

完成です!!。゚(゚´Д`゚)゚。

これを自宅のロフトに持っていくと、、、

こんな感じに!!ゆったり本を読める椅子に仕上がったと思います。 肘置きは、立ち上がるとき片側だけの方が使いやすかったので片側だけに!

↓ ちなみに前回触れた試作品との座り方の違いはこうなりました。

試作品では、あぐら全体を乗せる設計だったのですが、あぐらの半分を座面から降ろすことで、さらに楽な姿勢にできました。

2020年は、作業場のスツールを作るくらいしか まだ決めていませんが、引き続き楽しんで物作りをできたらいいなと思います!

追記:できましたね!まさにオンリーワンのデザイン。 座り心地よさそうですし、ロフトにもぴったり。ロフトで何をつくろうかと考えたり、発想のヒントになる本を眺めたり、いい時間ですね~

 

椅子完成!! その①

以前のブログで試作品の製作過程を紹介しましたロッキング座椅子が、やっと完成しました(^_^;) 2019年12月最後の木工塾での完成を目指してきましたから、予定通りに仕上がって感無量です!

本番の材料で部材を作っていくに当たり、試作品から変更した箇所は、しっかりと反映して間違えのないようにパーツを作っていきます(^ ^)

↑ 一番大きな変更点は、座面部分の奥行きを短くしたことです。あぐらをかいた足全体を座面の上に乗せて座る予定でしたが、あぐらの足だけ地面に置く座り方に変更しました。詳しくは完成写真で!

↑ 背もたれのサイドの部材に溝を掘るところ。先にドリルで穴を開けておくと溝掘りがスムーズに! ガイドのプレートを付けて溝の形に掘ります。左右作るので、もう一つ必要です。

次に座面のサイド部分も作成します。

ルーターという機械で、座面の横パーツに穴を開けていきます。機械と材料に負担が掛かるため一度に穴を開けることができません。背もたれの溝も同じですが、3ミリ位ずつ同じ形を何度もなぞって貫通するまで繰り返します。

材料の厚みが40ミリなので12〜14回くらいに分けて掘り進めます。これも左右作るので、もう一つ同じ作業が必要です、、、( ゚д゚) この溝と穴は、最後に布バンドを貼るために掘った箇所です。

何かのキャノン砲的な武器っぽい感じですが、左右のパーツを組んで接着しているところです。全部組み上げる前に、まだ完成していなかった肘置きを作ります。

試作品で、ある程度は肘置きのデザインと接合方法も決まっていましたが、主に本体との接合面の見え方や処理方法など、気になるところがいくつか出てきてしまいました( ̄▽ ̄)

ま〜売るわけじゃないから別にいいんじゃない⁉︎って思うこともありますが、時間をかけて作ってきた分、細部まで納得して仕上げたくなります!

肘置きの長さや形、高さや角度など肘置きの試作品もいくつか作って、おさまりの良いと思えるところまで作りこみました(;´д`)

肘置きのデザインも本体のフォルムと統一感のある形にできたので、本体の組み上げに入りますが、続きはまた次回で!!