Owner’s Blogオーナーズブログ

今できないこと、今できること

新型コロナウィルスによる小学校休校・外出自粛で、圧倒的に増えた家での時間。

みなさんは、いかがお過ごしですか?

崩れた生活にならないように、子供たちは自分で作った時間割もなかなか守れなくなってきた今日この頃、、、。

まあ、家で自分の時間をきっちり管理するのは大人でも難しいので、今はメンタル面が悪くならないように、普段の何気ないことを楽しむように心がけています(´▽`)

家の中で、誕生日プレゼントでもらったトランポリンで遊びながら運動している子供たち! 普通に2~3分跳ぶだけでもかなり疲れる!! 太もももパンパンになります( ̄Д ̄)

他にも家の色々なところを使って筋トレをしています。階段踊り場の踏板で懸垂!! (これは私だけ)↓

鉄棒のようにしっかり握れるわけではなく、しかも木が滑る状態で指先に力を込めてぶら下がるだけでも結構キツイ(゜o゜;;

階段の手すりで体を浮かせた状態で、両足を上げて腹筋運動! トランポリンと併せてこれらのメニューをこなすと、翌日は筋肉痛になるくらいハードです。

木工作業場に行った時に、作業の合間に建物の構造部分を使ってトレーニングすることもあります。

↑わかる人はわかる! 某TV番組『SASUKE』のような横移動

夜このブログを書きながら、一人で冷静にこれらの写真をみていると「俺、何やってんだ!?」という気持ちになりますね、、、

しっかり身体を動かして、免疫力が下がらないよう、メンタルが悪くならないように気を付けていきます!

 

シノザキより:今はボルダリングにも行けなくて、せっかく絞れつつあった身体が徐々にポニョポニョし始めてきたという「つくりびと」さん。先程、例の鳥のオブジェを見せにオフィスへ来てくださいました。ポニョポニョなんてとんでもない! めざせ、腹筋シックスパック。いつか美ボディ写真のアップもあるかしら?

 

 

鳥のオブジェ

 

シノザキさんに依頼した家が完成した時、オープンハウスをしたのですが、その時に色々おしゃれなインテリア雑貨を飾っていただきました!

その中の一つに木彫りの鳥のオブジェがあって、すごくいいなぁ〜そのうち自分も作ってみたいなぁ〜と思いつつ、他に作るものがあってそのことを忘れて過ごしていました、、、。

 

昨年(2019年)の秋頃に作業場に溜まった端材の整理をしていたら、鳥作りにちょうど良さそうな材料がいっぱい出てきたのでようやく作り始めました(^_^)

とりあえずイメージだけでオブジェっぽい鳥を作ってみると、、、↓

何かイマイチかな⁉  頭が大き過ぎたり背中の丸みがなかったり、とにかくしっくりこない。 う〜〜ん( ̄^ ̄)

本やネットを見ながら、次第に好きな鳥ができてきて、少しずつ形や大きさを変えて何個も作りました。

不思議と鳥を作るのは楽しくてちょこちょこ作っていても全く飽きない!

↑横から見たところ      ↑前から見たところ

最初は上の写真のように、ゆらゆら揺れるオブジェを作っていましたが、フチに乗せるタイプも作ってみたり、、、

フチに乗せるタイプは色々なところに飾れて結構カワイイ気がする!

ちょうどいい端材が出るたびに鳥用にストックするようになりました。

鳥作りは、昨年くらいから暇を見て少しずつしてきましたが、その後の新型コロナウィルスの感染拡大防止による一斉休校で椅子を作りに行くこともできず、私自身も家にいる時間が増えたので、集中的に鳥を作りました!

↑気兼ねなく外出したい自分の気持ちが表れているかのような鳥(切ない、、)

作っているところを見ていた子供たちが珍しく「自分たちも鳥を作りたい!」と言い出したので、一緒に作りました( ´ ▽ ` )  木を選んでもらい、とりあえず作ってみたい鳥を墨付けしてもらいました。

 

こ、これは、、形を切り出すのが大変だ( ゚д゚) 特に右! 背中に謎のヒレみたいなものがある、、、。 どうやら2人ともペンギンにしたようです。

まず機械で大まかに切り出してあげて、、、上の子は切り出し刀の使い方を教えてできるだけ自分で削ってみて、下の子は粗めの紙やすりで形を整えるところをやってみました!

↑なんとか謎の背ビレも削り出しました、、、

立体的な成形は子供達には難しかったので、手伝う箇所が多くなってしまいました。

次は、比較的安全な糸ノコを使った工作を一緒にやってみたいと思います!

シノザキより:カワイ~♡ ぷっくりして♡ お家時間にやる事が沢山あるのはさすが「つくりびと」さんですね。

他にもDIYや物づくりがお好きな方が弊社のお客さまには多く、この連休中にも物置やウッドデッキ、薪棚づくりに挑戦していらっしゃる方がいます。代表はスタッフと材料や道具を持って応援に。私も先ほど、密にならないよう 覗いてきました。覗いたとはいえ、ミタゾノじゃないですよ。ヤダ~

こんな時期だからDIY!!いいですね。

 

 

 

久しぶりのスケート

 

私の出身が屋外スケート場のあるところなので、通っていた小学校では、年に数回スケート授業がありました。

小学生の頃の私は超運動音痴だったので、スケート授業が苦痛でした、、、。(というか体育全般苦手でした)

しかし今は楽しく滑れます!

・・・というわけで、およそ30年ぶり?くらいに屋外スケート場に行ってきました! (年齢がバレそうですが、、、。) うちは家族で別の屋内スケートリンクに何度か行っているので子供達は問題なく楽しめています。

行った日は1月中旬で、歴史的な雪不足の最中でしたが気温はとっても低く、天気は快晴でスケート日和!  しかし、滑ってみると屋内のリンクと違って1周がとても長い、、、。

レンタルできるスケート靴も色々種類があるのですが、履いたことがあるのはフィギュアスケート用の靴だけでした。 フィギュアスケートの靴はだいぶ慣れてきたので、妻のススメで、スピードスケートよりもう少し滑りやすい「ハーフ」という靴に挑戦してみました!

↑ 履いてみるとメチャクチャ辛い(;´д`)   刃が薄くなって靴の高さもくるぶしより低くなっただけで、恐ろしく不安定になりました。 歩くだけで足首ガクガク(゚ω゚)

改めてアスリートの方々を尊敬します!

妻は子供の頃からスケートをする環境で育ってきたので、すごく久しぶりのスピードスケート用の靴でもスイスイ滑っていました、、、。

超カッコイイなぁ〜(⌒▽⌒)

本人曰く「普通の格好で本気滑りをすると恥ずかしいので、軽く流して滑っている」そうです。

言うことまでカッコイイ(о´∀`о)

シノザキから:わ~気持ちよさそう♡ 1月中旬の記事、今頃になってスミマセン^^; 氷、融けちゃいましたよね。 私も子供の頃、校庭に造られたスケートリンクで滑りました。その当時はスピードスケート靴でしたが、今は絶対無理無理。 つくりびと妻、カッコイイわ~

世の中大変ですが、気をつけて過ごしましょうね。

 

デッキ材張り付け

ついに最終工程。デッキ材の張り付けです。

デッキ材は2×6の3600mmを使用する事にしたので、当然 このデカイ ウッドテラス一枚では届きません (・_・;)  なのでデッキ材を、長さの違う木材を互い違いに組み合わせることに。

土台は正確なので、今回も図面通り それぞれの長さを切り出していきます。端が一直線になるように揃えて、デッキ材とデッキ材の接合部はあえて5mmほど空けて風通しを良く。

 

75mmのビスでひたすらインパクト!インパクト!! で止めていきます。ビスにずれが無いように気をつけて

そしてついに!!!!

完成!!! まさか年内に出来るとは・・・来年、何をするか夢が広がります!

 

実は黄色○の部分はパレットになっていて、物を収納できるようになっています。 このあと赤○の部分にスロープも造りました!!

2020年、雪がとける頃にはフェンスを造りたいと思います!

 

私の身長が180cmなのですが、この大きさ!!

やっぱりやりすぎたかな・・・? でかすぎたな・・・?

でも 大満足!! 楽しいひと時でした (*^_^*) 篠崎さんにはいろいろ教えて頂きました! 本当に本当にありがとうございました!! 今後も宜しくお願いします!

 

追記 )お疲れさまでした! 昨年の話で記事の更新はズレズレですが、フェンスづくりは雪融けから始まるのですね。ではまた状況をお知らせ下さい。

ちなみに確かにデッカ~イですが、みんなでゴロゴロできて丁度よいとも言えそうです。何でも余裕があるのはいい事です!

 

ステップ作製

設計の段階から頭を悩ましたステップ、ついに取り掛かる時が来ました。

2段のタラップにするか迷いましたが、デッキ上に凹凸がないステップにしました!!

ラスボス ステップ!!!

まずは枠組み。90mm角材を斜めにカット!! ステップの枠組みが水平になるように気をつけて

ステップ土台完成!!! 斜めにカットするのは難しかった~ ((+_+))

そして、デッキ材を張り付け。束柱との兼ね合いが難しく、どこをどれだけ切るか 頭がパンク (@_@;)

パソコンの設計図と現場を行ったり来たり

・・・で、なんとか完成!!! ステップの上面の高さはウッドテラスの上面から200mm下になるように設定。ステップから地面まではちょっと高いので対策を考えなくては・・・

うまくいって良かった~ (^_^) 予想以上にうまくいって、しばらくいろんな角度から眺めていました (*^_^*)

 

追記:お久しぶりです。

性格が仕事にあらわれるのでしょう。キレイな仕事ですね・・・感心します。