Newsお知らせ

5/19(日)構造現場見学会 開催!

2013.05.15 - 見学会

このたび、7月中旬に予定しております高断熱・高気密住宅の完成に 先駆けまして、「構造現場見学会」を開催いたします。

 

充填断熱に外付加断熱を施した高断熱仕様を標準的にお勧めしており、 暖かくランニングコストの低い家を望まれているお客様にはたいへん 参考になると思います。

 

気密測定では平均的にC値0.2前後、断熱性能の目安となるQ値は平 均1.2前後という家中が暖かい家です。 さらに、夏場の家の中が快適になる工夫もあります。

 

詳しくは是非見学会にて実際に触って、目で見て感じていただければ と思います。

 

建築途中だからこそ見える弊社の家づくりのこだわりがあります。 ず~っと先の将来をも見据え、快適に安心して暮らして頂く為に、 これからの住宅に求められているものは何か…今回の現場でも細かく ご紹介いたします。

 

<概要>

◎開催日:5月19日(日)

◎時間:10:00〜17:00

◎会場:札幌市中央区南3条西20丁目2-8

大きな地図で見る

<お問い合せ>

0120-973-382

【ギャラリー/新築実例追加】森の栖 vol.5 無垢の床チェリー編

2013.05.08 - お知らせ

「ギャラリー>新築」ページに新しい実例を公開しました。

ぜひご覧ください。

 

〜森の栖 vol.5 無垢の床チェリー編〜

http://s-machi.com/archives/1079

当社の「“くらいみんぐうぉーる”のある家」が道新の情報紙に掲載されました。

2013.04.18 - お知らせ

当社設計施工の“くらいみんぐうぉーる”のある家が、北海道新聞社発行の情報紙「札歩路」に掲載されました(2013年4月11日)。

自然素材にこだわり、床材やカウンター材など肌に触れる部位には、無垢材を使用する当社は、クライミングウォールの素材も“木”を使用しました。元気によじ登るお子様が握るホールドは、25種類の木で作り、遊びながら、木の名前を覚える楽しみを加えてみました。

 

4/20(土)・21(日)「人生を楽しむ大人の家」完成見学会 開催!

2013.04.16 - 見学会

お施主様のご厚意により、完成したばかりの住宅を2日間に限り公開致します。

 

〜家は想像力を刺激する場所であってほしい 森の栖

ー人生を楽しむ大人の家 - 無垢の床オーク編 〜

これからの暮らしは、趣味を楽しむオフの時間を大切にしたい・・・そんなお施主様の想いを受け、
「和の趣と豊かな暮らしを謳歌する家」というテーマでプランした家です。
家族の気配を感じつつ、個々の趣味、共通の時間を楽しむことができるような間取り。
時代や地域の街並に調和するデザインで、和の美意識を感じさせる空間。
格子や天然素材などのディテールのアレンジ、適材適所の細かな収納提案、そして、部屋の配置
や窓の大きさ、庭の眺め・・・お施主様と一緒に、全てにこだわりを持ってつくりました。
もうすぐ迎える桜の季節には、家の前の並木道が美しい春を感じさせてくれる素敵な場所です。
見学会の機会にぜひご覧ください。

 

シノザキ建築事務所 株式会社 代表 篠崎 廣和

 

<概要>
◎開催日:2013年4月20日(土)・21日(日)
◎時間 :AM10:00~PM5:00
◎会場 :札幌市中央区南3条西27丁目1-3


より大きな地図で シノザキ建築事務所見学会4月20日 を表示

<お問い合せ>
0120-973-382

当社の「光熱費ゼロの家」が新聞に掲載されました。

2013.01.23 - お知らせ

先日の完成見学会には、
多くの方に来場をいただきまして、有難うございました。
「初期負担」が大幅に軽減される家として、たいへん注目をされています。

1月20日付の朝日新聞にも、大きく掲載されました。
改めて、皆様に簡単に経済産業省の「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」の補助制度を受けた家について、お知らせいたします。

太陽光発電で生まれる“創エネルギー”から、毎日の“生活で使うエネルギー”を差し引いて、
概ねゼロにする家作り それが、「光熱費ゼロの家」です。

国(経済産業省)から全国でも数少ない助成金の認可をいただきました(北海道で10件程度)。

太陽光発電や、オールLED照明、ヒートポンプ式暖房・給湯設備費用、
その他指定の行政に提出する申請費用がかかりますが、
大きな助成金が出るので(今回の場合256万円)、
イニシャルコストで30~40万円くらいのお客様の持ち出しですみます。
この金額は、一般的には北海道の年間光熱費が新築の場合で25~30万円くらいかかることから、
この家に住むと2年以内に余分にかけたイニシャルコスト分のもとがとれ、
2年目の途中から電気を売電し続けることで、
使う分のエネルギーは太陽光の売電の利益で賄なってしまうということです。
北海道の厳しい環境下において、光熱費が全くかからないことはすごいことです(年間計算です)。
地球環境に優しい(環境負荷削減に貢献している)ことでの社会性の高さ、そして、必然的に高断熱仕様の家になるので暖かい家になる、お得な家づくりです。