2012年の秋に完成した「くらいみんぐうぉーるのある家」 が弊社で初めて 薪ストーブを導入して頂いたお家です。それから年に1棟位ずつ薪ストーブのお家が建ってきましたが、昨年度はナント3棟も!

「新築するなら暖房はぜひ薪ストーブで」と一番におすすめしてきました。 遠赤外線の暖かさは他の暖房と比べ物にならない心地よさですし、炎を見たり薪のはぜる音を聞くなど五感で感じる快感、エコで環境とお財布に優しく、電気に頼らない・・・メリットは沢山あります。

しいて言えば薪の調達と保管に手間はかかりますが、暮らしの一部として楽しむ事も素敵だと思うのです。

そんな考えに共感して下さった薪ストーブオーナーが集う「薪の会」の例会(年2回開催)が、先週末の日曜に開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所を提供して下さったのは、昨年秋に完成した「高台をのぞむヒュッテ」のオーナー。 薪ストーブ販売会社 サカシタペチカの社長が、実際に焚き付けを披露して下さりながらポイントなどを解説。

既に熟練の域に達しているオーナー達も、現在建築中で薪ストーブを今年の冬から初めて使うというお客さまも、熱心にその様子を見ながら話を聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後 外でBBQ。久しぶりにオーナーさん達とお会いでき、最近はどうだ・・・みたいな話で楽しい時間でした。会員さんどおし、話が合うから仲良くなっちゃって、私共も嬉しいです。あらためて、薪ストーブには それに共感する人々を集める力があると感じました。

私もストーブ小屋を持つ事が夢です。