久々の更新です!

たくさんのお客様と日々お会いしたり、お話したりしているといつも思うことがあります。それは、家づくりを検討しているかたには設計や施工をどこに頼んで良いかを本当に迷ってしまうのではないでは?と。

たくさんの魅力的な言葉や写真がHP上にわんさとありますので致し方ありませんよね。

そんな中で私、どこに頼むにしても家づくりは出会った建築士などのプロに全てを任せないといけないものかと長い住宅建築経験の中で思ったことがありまして、独立起業した直後に半年間かけて作成した本があります。何が書いてあるかというと、プロでさえ考えない、ないしはなんとなく考えていることを明確に言葉や絵にしてあります。家づくりを依頼する本人も建築士が基本的に考えていることを理解したほうが、いい家づくりができるのではないかということをテーマごとに書き下ろしたものでした。もちろん建築基準法などの法規制はプロに委ねる部分もありますが、特に間取りづくりやデザインの考え方の基本はあるはずだと感じていたのです。またお客様には言いにくいけどこんなことをプロ側は考えているんですということを知ってもらいたいという意味もあります。独創的なデザインや想像力はお任せする建築士の力量にも大きく影響すると思いますがまず押さえるのはやはり基本だと思います。この本の内容は、シノザキ建築事務所のHPにもリンクがはってあります「良い住宅.jp」に連載記事が掲載されています。しばらく記事アップを疎かにしてしまいましてお恥ずかしい限りですが、反省の念を含めて内容を今の時代に則して改訂して再度継続して掲載していきますので参考にぜひ!!!

さてHPに久々の登場ではありますが、私が普段考えていることをこれから少しづつではありますが、「素敵な家づくりがしたい」かたに向けて発信していこうと思いますので、またいらしてくださいね!

まず本日はさわり程度に、、、