2018年 今年も皆様にとって素敵な年になりますように心よりお祈り申し上げます

弊社も今年で13年目の年を迎えることができました。

これも今までご信頼いただき家づくりを一緒にすすめていただきましたお客様はもちろんのこと、

スタッフの力、協力業者のみなさま方のお力添えがあったからこそ続いてこれたと思っております。

年始のご挨拶とともに心より感謝の気持ちを申し上げます。

 

私も高校生から建築を学び始めていることもあり(数えたら建築はじめて35年!?)友人にも建築関係の仕事をしている人間もとても多く

同じ建築業界での話題は「大工のなり手がいないんだよな」「職人さんが不足してホント困っている」などの話題が事欠きません。

そんな中、先日の道新のコラムに「大人になったら何になりたい」の記事が頼もしい感じでしたよ。

第一生命さんが小学生1100人を対象にアンケートを行ったそうですが

1位 学者 博士

2位 野球選手

3位 サッカー選手

4位 お医者さん

4位 警察官 刑事

6位 大工さん

7位 消防士 救急隊

8位 食べ物屋さん

9位 建築家

10位 水泳選手  運転士  料理人 と続きます

なんと!建築関係で大工さんと建築家が6位と9位に入っているではないですか!

なんともうれしいことですね  建築の未来は明るい!

 

住宅の作り方も、国ではゼッチ推進などの太陽光発電前提のような家づくりを推し進めていますが

一昔前の、蓄熱発電のドリーム8仕様でオール電化をバンバン住宅の暖房機器に使うように進めてきたものの

原発問題で電気代が上がり、オール電化は光熱費がかかりすぎで採用されなくなってしまったみたいなことにならなければいいなと

私的には少し危惧しております

これからの住宅づくりも大きなイノベーションを興し変わっていかなければならない業界だと思いますし

微力ながら私も本当の意味での良い家づくりは何かを考え創っていくことを心に誓い、

これからも一軒一軒、ひと家族ひと家族にしっかりと向かい合って素敵な家づくりをすすめてまいりたいと思います。

「本物の自然に帰る 昔人の知恵に帰る」

シノザキ建築事務所は起業当初からのこのテーマを大切にこれからもハイテクではなくローテク(造語です)な家づくりをお勧めしていきながら木の良さを伝えていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。