Blogブログ

1000万円くらいで土地を探して欲しい、、、

2018.02.09 -

以前のブログの続きですが、今回は資金計画のお話です。

私は建築士ですが、家を建てたい方の水先案内人と思っておりますのでたくさんのお客様と会ってお話をする機会があります。

中にはもちろん土地から探して家を建てたい方もいらっしゃいますが、資金計画のたて方についてあまり計画的にお考えになっていないような、、、

かく言う私も28歳の時に家を持ちましたが、今思えば全く考えていなかったと反省しております。

土地から探して家を建てる方はより大きな資金をかけることになりますので、これからお話しする内容はぜひ一度お考えになってみては!

資金計画の基本=これはどんな家づくりでも絶対に変わらない原則です

1、土地の費用 + 2、建物の費用 + 3、諸費用  ≦  4、自己資金 + 5、親、親類からの資金援助 + 6、住宅ローン

この方程式につきます。

いわゆる1+2+3がかかる費用   4+5+6が出さねばならない費用(もしくは用意する費用)

順番に見ていきましょう。

1、土地の費用に関してはいくらくらいの土地を探すのが資金計画上妥当なところか!?これは最後にはじき出します。

2、建物の費用 こちらは建てたい建築業者さんに聞きに行けばおおよその価格はわかるはずです。

大抵の場合、特に家を売ろうと考えている会社ほど安めに教えていただけるので???どこまで入っていくらなのかを正確に教えてもらう必要があります。

こちらに関してのテーマはまた長くなりますので、今後のブログにて書いてまいりたいと思います。

3、諸費用に関しては4+5+6が明確になるとほぼ予算取りができますので先に4,5,6の説明から、、、

4、自己資金は手持ち資金の洗い出しです。この度家を建てるために用意できる現金です。

5、親、親類からの資金援助 家を建てることは一生の中でも一大事業ですから真剣に相談にのってもらい、もしくは報告だけかもしれませんが、話をすることで明確になります。

もちろん、親をあてにしない、もしくはしたくないということで、援助は無しの場合も多々あります。

6、住宅ローン これが大きなポイントです。たいていの方は「私は一体いくら借りられるかな?」、もしくは「いくらくらい借りると月々いくらだから大丈夫そうだ!」という判断でローン金額を決めているようです。住宅ローンは想像しがたいほど本当に長いローンになるかたがほとんどです。

そこでおススメしていますのが『ライフシミュレーション』です。先のことは想像しにくいことではありますが、今現在とこれから先の収入は会社勤めの方はある程度先を見通して、収入だけではなく支出もこと細やかに計算し、いわゆる将来の見通しをたてることの大切さを教えてくれます。ご自分では収入と支出を見直して将来の家族構成やイベントなどを計画することを行いますが、家づくりを考えるタイミングでこの『ライフシミュレーション』を行うことを推奨しています。ここではぜひ信頼のおけるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することも大切かと思います。ちなみに弊社ではご希望に応じてライフシミュレーションはもちろんのこと、家づくりにおける融資関係の手続き、登記、火災保険、つなぎ融資の手続きなどを行っていただけるFPの方をご紹介させていただいております。

将来シミュレーションができて初めて月々の返済額(年間の返済額)が決まります。あとはお仕事内容やご収入に応じてより有利な金融機関が決まり、必然的に「安心できる住宅ローン金額」が決まります。

金融機関が決まると 3、諸費用も決まってきます

ここまでかなり重要点のみを簡素化してご説明させていただきましたが、実は1、土地の費用以外は確定させて参りました。

あとは逆算です。

(4、自己資金 + 5、親、親類からの資金援助 + 6、住宅ローン) - ( 2、建物の費用 + 3、諸費用)  =  1、土地の費用

例) (自己資金700万円+親からの資金援助300万円+住宅ローン3000万円)-(建物の費用 70万円/坪×40坪+諸費用200万円)=1000万円

この1000万円くらいの土地を探すということが安全に家づくりをすすめるということになります。

予算取りをしなければならない細かいことはいろいろありますが、ぜひ皆様素敵な家づくりをされてくださいね!

次回は今回のテーマを少し掘り下げてご案内してまいりたいと思ってます。こうご期待!

いよいよ今年もスタートですね

2018.01.08 -

2018年 今年も皆様にとって素敵な年になりますように心よりお祈り申し上げます

弊社も今年で13年目の年を迎えることができました。

これも今までご信頼いただき家づくりを一緒にすすめていただきましたお客様はもちろんのこと、

スタッフの力、協力業者のみなさま方のお力添えがあったからこそ続いてこれたと思っております。

年始のご挨拶とともに心より感謝の気持ちを申し上げます。

 

私も高校生から建築を学び始めていることもあり(数えたら建築はじめて35年!?)友人にも建築関係の仕事をしている人間もとても多く

同じ建築業界での話題は「大工のなり手がいないんだよな」「職人さんが不足してホント困っている」などの話題が事欠きません。

そんな中、先日の道新のコラムに「大人になったら何になりたい」の記事が頼もしい感じでしたよ。

第一生命さんが小学生1100人を対象にアンケートを行ったそうですが

1位 学者 博士

2位 野球選手

3位 サッカー選手

4位 お医者さん

4位 警察官 刑事

6位 大工さん

7位 消防士 救急隊

8位 食べ物屋さん

9位 建築家

10位 水泳選手  運転士  料理人 と続きます

なんと!建築関係で大工さんと建築家が6位と9位に入っているではないですか!

なんともうれしいことですね  建築の未来は明るい!

 

住宅の作り方も、国ではゼッチ推進などの太陽光発電前提のような家づくりを推し進めていますが

一昔前の、蓄熱発電のドリーム8仕様でオール電化をバンバン住宅の暖房機器に使うように進めてきたものの

原発問題で電気代が上がり、オール電化は光熱費がかかりすぎで採用されなくなってしまったみたいなことにならなければいいなと

私的には少し危惧しております

これからの住宅づくりも大きなイノベーションを興し変わっていかなければならない業界だと思いますし

微力ながら私も本当の意味での良い家づくりは何かを考え創っていくことを心に誓い、

これからも一軒一軒、ひと家族ひと家族にしっかりと向かい合って素敵な家づくりをすすめてまいりたいと思います。

「本物の自然に帰る 昔人の知恵に帰る」

シノザキ建築事務所は起業当初からのこのテーマを大切にこれからもハイテクではなくローテク(造語です)な家づくりをお勧めしていきながら木の良さを伝えていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

『しのカフェ』とは、、、

2017.11.21 -

住宅建築会社がカフェを併設したりすることが増えてきましたが

うちの会社の『しのカフェ』は残念ながらほんとうのカフェではありません、、、(-_-;)

カフェにいるようにリラックスした雰囲気で( つまりおいしいお菓子やいい香りのお茶なども出てくるのですΣ(・□・;) )家づくりに関するお話をしましょう♪というお誘いです。

オープンな場所と機会をご提供させて頂き、家づくりでわからないことを質問していただいたり、こちらからアドバイスをさせていただいたり、時にはおいしいランチのできるお店の話で盛り上がったりもします。場所は普段、打合せで使用している部屋です。仕上げ素材をご覧頂けますし、お子さま連れでも退屈しないよう工夫をしています。

「家は売るものではなく、お客様と一緒に作り上げていくもの」これが私共のモットーです。「うちの会社が絶対にいいですよ」なんていうお話はいたしません。たまには言ってしまっているかもしれませんが・・(笑) 「家づくりはこんなふうに進めたほうがいいですよ」というお話がほとんどですね。

私は建築に携わって30年以上。しかも毎日家づくりの事ばかり考えています。家づくりの勉強を始めたばかりというお客様に、お伝えしたい事が沢山あります。お聞きになりたい事、心配な事などを抱えて悩むより、是非『しのカフェ』にご予約を! 不定期ですがね・・・(;^_^)

次回は基本的なことだけれどもとても重要な資金計画(これにはライフプランが必ず関わってきますし、それができて初めて土地を探し始めることができます)について少し語ってみますね。

ハットトリックハウス

2016.11.24 -

 

_1050835

西区で開催した「ハットトリックハウス」の完成見学会。

先週末は完全予約制、そして昨日は予約なしでもご覧頂ける日としてお待ちしておりましたが、今回も沢山のお客さまにお越し頂き、有難うございました。私がお客さまと打合せ中などで外せず、ご挨拶できなかった方々には、この場であらためてお詫びと、ご来場のお礼を申し上げます。

_1050849

車庫組み込みの3階建住宅。使いやすさを考えると、奇をてらった間取りにはなりませんが、いかに快適に心地よく過ごせるかを追求した家です。寒さ厳しいこの頃になると、人は家によって守られている事を痛感します。

家には住む人の身体と心を健康にする大切な使命がありますからね。

めざせ ストレスフリー住宅!!

_1050846

昨日いらしたOBのお客さまが、偶然同じ時間に来場された同じ職場のお客さまをご自宅へご案内して下さいました。いつも素敵に暮らしていらっしゃる方で、きっと昨日もモデルハウスのようだったろうと想像できます。S様、いつも有難うございます。

_1050859

寒い日が続きますが、現場の大工さん、職人さん達も頑張ってくれています。家を建てるというのはつくづく大変な仕事ではありますが、お客様に喜んで頂く為に…という気持ちをスタッフ、現場に関わる全員で共有していきたいと思います。

 

しのカフェ

2016.11.08 -

dscn0703

2016-11-07-14-30-02

昨日の北海道は朝から大雪にみまわれましたね。今年もまた除雪の季節がキターーーーーー(汗)という感じです。雪の心配はつきものですが、少しでも楽にと考えたのが、写真のように玄関へのアプローチ部分にもカーポートをかけた設計です。2邸とも今年の外構工事で完成しました。

今日は仕事の後でちょっと飲み会があったため、遅い時間のブログ更新となりました。しかしどうしても今日更新したかったのは、昨日のしのカフェにお越し頂いたお客さまにお礼をと思ったからです。

img_1076

実は昨日、1日で6組のお客さま。基本的には私が応対させて頂きたいと思っているので、フル稼働でしゃべりまくりという状態でしたが、お申込み頂き、ドカ雪の中をお越し頂いた事がとてもうれしくて、疲れるという感覚を忘れるほどでした。

 

これからもお客さまとの出会いを大切に、しっかりと家づくりをサポートさせて頂きたいと思います。