夏は床下のひんやりを、冬は薪ストーブのぽかぽかを、独自の技術と設計で家中にめぐらせることに成功しました。

エコなだけじゃなく、自然のめぐみをカラダで感じる、なんとも快適なここちよさ。

将来的な冷暖房コストもぐーんと抑えられて、安心がずーっとつづきます。

 

〈特許出願中〉

輻射熱がめぐる、エコで、おだやかなここちよさ。

ラディアント・サーキュレーション住宅(輻射熱空気循環システム)

弊社は、室内の空気を効率よく循環させる設計と、輻射熱を家全体に循環させる技術の開発に成功しました。

  

 

一般的な家全体の空気を冷やし暖める放射型冷暖房システムと比べ、ラディアント・サーキュレーションシステムは、おもに壁・床といったモノから発せられる輻射熱を人が直接感じ取るため、効率がよく、エネルギーコストがぐっと抑えられます。冷房の風が辛い、室内をいくら暖めても寒いという方に、穏やかな快適さを提供します。

開発にあたっては、アース21と北海道職業能力開発大学校の協力を得て、空気循環の可視化実験を行い、設計に反映させたほか、今月25日(土)から8月7日(金)の会期で完成見学会を開く提案型住宅『Natura Vita』において、今後も引き続き測定を行って改良を加えていく予定です。

  空気循環の可視化実験の様子。 協力:北海道職業能力開発大学校

 

*『Natura Vita』一般公開は、7月25日(土)~8月7日(金)*7月29日・8月5日を除く 各日10時~17時。完全予約制で、申し込みの方に詳しい住所をお知らせします。