吹き抜けが広がる2階ホール。床の一部は格子であり、その天井から下がるブランコに身体を委ねると、スリリングな解放感を味わえます。この度完成した「テガラランの家」は、階段にも本来の用途以外の役割を持たせて、視覚的な面白さと実用的な要素をプラスしました。テガラランはバリのウブド地区からほど近い、棚田の風景が拡がる地区名です。

建物のハード面は、弊社推奨仕様のウッドファイバー+高性能付加断熱材(遮熱アルミ面材付)のW断熱。この仕様に、暖気を家中に巡らせる独自の換気方式と、無垢床、ペレットストーブを組み合わせた、人にもお財布にもとても心地よいお家です。

高遮熱・高断熱の「シノザキ建築事務所の家」だから、家の中は1年中驚くほど快適。この機会に是非ご覧いただき、独特の空気を体感していただければと思います。

シノザキ建築事務所 株式会社 代表 篠崎 廣和

家は想像力を刺激する場所であってほしい。

『森の栖』

― テガラランの家 ―

無垢の床 くるみ編

 

◎開催日時:

2017年10月28日(土)・29日(日)/AM10:00~PM5:00

◎開催場所:札幌市清田区清田8条3丁目10-14